第5回 さぶみっと!ヨクスル in 大和高田の様子

さぶみっとヨクスル大和高田5の様子

今回は、オンラインで開催された第5回 さぶみっと!ヨクスル in 大和高田
ついて紹介します。イベントの様子をまとめたのでご覧になって下さい。

1. 開催情報

1) イベント名

①第5回 さぶみっと!ヨクスル in 大和高田
~地域創生プロジェクト~

さぶみっとヨクスル大和高田4のバナー

②さぶみっと!ヨクスル
~地域創生プロジェクト~
・Webのチカラ × 地域応援 × チャレンジ この国の行く末をヨクスル

さぶみっとヨクスルのバナー

#さぶみっと!ヨクスル
・企業がCSV(Creating Shared Value)として取り組み、
一般事業者や地方自治体等の公共団体に限らず、
地域の多様な市民が参加して地域活性を促している
ワークショップ(参加・体験型講座)のこと

#CSV(Creating Shared Value)…
・企業が本業で社会に貢献していくという考え方

2) 内容

①プレゼンターの発表
発表者: 会場となる地域の方(2~3名)
(発表希望の方々は事前に応募すること)
・発表テーマ: 地域を良くするためにやれること
・発表時間: 5分程度

②アイデア出し
参加者: 発表を聞いてアイデアを出し合う
・方法:グループに分かれる(3~4チーム)
ブレーンストーミング」を使用
・時間: 20分程度
・アイデア数の目標: グループで100個以上

③アイデアを発表
発表者:リーダーになってアイデアをまとめる
参加者: リーダーと一緒になってアイデアをまとめる
今後の期待: アイデアを元にプロジェクトが活性化される

#ブレインストーミング
・集団でアイデアを出し合うことによって相互交錯の
連鎖反応や発想の誘発を期待する技法
・略: ブレスト

出典: ブレインストーミング(Wikipedia)

☆運営者(e-Agency)がおすすめされたWebサイト
ブレーンストーミングの方法」

3) 日時

・2020年8月7日(土)14:00~16:30
(年に数回、不定期に開催)

4) 対象者

地元を活性化させたい方は必見です。
・大和高田市が大好きな方
・大和高田市の魅力をもっと知りたい方
・地域活性は大事だと思う方
・地域の人とつながりを持ちたい方
・とにかくおもしろいことをしたい方

5) 準備物

オンライン開催のために必要なもの
(①と②はどちらからでも参加は可能です)
a) Zoomソフト: イベント参加される前にインストールして下さい。

①パソコン
・自宅・外出先からでも参加可能です。
ネットワーク環境が安定しているので推奨されました。

②スマートフォン
・外出先からでも参加可能です。
・持ち運びが便利

b) 大和高田を盛り上げる気持ち
(みんなの心を一つに楽しみましょう!)

2. タイムスケジュール

開始:14:00終了:16:00(計: 2時間30分

1) 全体

①入室開始(Zoom)13:45~

②開会(あいさつ・説明) 14:00~ 14:20 [20分]
・内容: イベントの流れを説明
オンラインでの進め方・楽しみ方
・ごあいさつ: 大和高田市の職員

③第1部(1人目のプレゼン & ブレスト & アイデア発表)14:20~ 15:10 [50分]
a) プレゼンター
・発表内容: 自分たちの活動を発表
・アイデアのテーマ: 活動から見えた課題
(後に参加者の方々に意見を出し合ってもらう)

b) アイデアの提案
・グループ分け: 主催者がランダムに決める
(今回は3チームに分かれました)
・参加方法: 課題に対して、自分のアイデアを数多く言うこと
・技法: ブレーンストーミングを使用
(できるだけ多くの意見を出して、目標はグループで
100個以上言えること)

c) アイデア発表
・発表方法: 代表してファシリテーター(進行役)の方
・内容: グループのみんなでまとめたアイデア

④休憩・交流 15:10~ 15:20[10分]

⑤第2部(2人目のプレゼン & ブレスト & アイデア発表)
15:20~ 16:10 [50分]
★1人目の方と同じ進行方法
a) プレゼンター
b) アイデアの提案
c) アイデア発表

⑥閉会(まとめ・あいさつ・片付け) 16:10~ 16:30 [20分]
・内容: イベント全体のまとめ、あいさつ

3. ブレストのルール

1) 批判厳禁

・アイデアを批判しないこと
(批判しないことでお互いを受け入れやすいから)
メンバーを受け入れてポジティブに挑むこと!

2) 自由奔放

・奇抜なアイデア、ユニークなアイデアを出してみること
ブレストの醍醐味、面白いアイデアは大歓迎!

3) 量より質

・量を出すことを意識すること
(最終的にはアイデアの質を高めることができるから)
100個のアイデアを目指そう!

4) 便乗歓迎

・誰かのアイデアを自分の考えを加えること
(新しいアイデアが生まれやすいから)
他の方のアイデアにエッセンスを加えよう!

5) 良くないこと

長い話は避けること(発言は10秒以内)
発言はアイデアのみで説明は不要です。

【まとめ】
・とにかく楽しむことを心がけよう!
・アイデアが出ない時はとにかく場を盛り上げよう

4. プレゼンター

*今回は2名の方が発表されました。

1) きらきらステーション(代表者)

①プレゼンテーマ
大和高田で多世代が交流できる拠点をつくりたい!
多世代が交流することで孤立しない暮らしができる
大和高田にしたいから
・きらきらステーションでイベントを行い、大和高田を活性化
したいから
・きらきらステーションを知ってほしいから

②実施活動
・施設の開放: さざんかホール1階
(毎週木曜日に開館)

③今後の目標
・きらきらステーションで多世代が交流できるイベント内容
サポートメンバーの集め方
・きらきらステーションを知ってもらう方法

【みなさんからのアイデア】
・多世代で交流して楽しめるイベント内容とサポート
メンバーの集める方法
*Webメディア: C-1
▼Webサイト: 大和高田市(きらきらステーション)

2) みつば家(代表者)

①プレゼンテーマ
みんなちがってみんないい!なないろ祭で地域の人が
一つになれるステージをつくりたい!
・障害のある人もない人も、知ってる人も知らない人も、
みんながよさこいの力で一つの曲を躍り、その瞬間みんなが
すべての壁を乗り越えひとつになれるから

②実施活動
よさこい鳴子踊りの活動
(奈良県[大和高田市]、京都[宇治市・亀岡市] を中心に活動)
・イベントで披露
(地元の祭り、オープンステージ、音楽イベント)
・地元の福祉施設への慰問(毎年)
・教室、普及活動

③今後の目標
よさこい鳴子踊りのイベントを開催予定(なないろ祭り
・踊りを通して、一体感が生まれて地域が一つになれること

【みなさんからのアイデア】
・オリジナルの総踊りを作って、みんなが一つになれる方法
*Webメディア: C-2
▽Twitter: みつば家
□Facebook: みつば家(京都・奈良・亀岡)
〇Amebaブログ: みつば家(奈良支部)

5. アイデアのまとめ

1) きらきらステーション(交流拠点)

①アイデア
a) 宣伝
きらきらステーションのことを多くの方々に知ってもらうために
行動すること
SNS(Twitter、Facebook、Instagram、TikTok)で発信
・ポスターを作成して掲示してもらう
(さざんかホール、市民交流センター、市役所、小学校、商業施設)

b) イベント
・子どもの勉強を見る
・イベントの開催(わらしべ長者風)
(物々交換 → 写真を撮る → SNSで投稿 →バザーを開催してイベント化する)
・大喜利大会
・カフェ、食事会

【まとめ】
SNS(Twitter、Facebook、Instagram、TikTok)を活用して
多くの方々に協力してもらい、きらきらステーションの活動を
広めてもらうこと
・イベントを開催して、口コミで魅力を広めてもらうこと

2) みつば家(よさこい鳴子踊り)

①アイデア
a) 総踊りの曲決め
作曲コンテストを開催
・応募者: 中学生、高校生、大学生
・審査員: みつば家(代表者)、音楽の専門家、盆踊りの先生

b) 曲のジャンル
・邦楽(和太鼓、三味線)
・洋楽(JAZZ、ボサノバ)
・その他(シンセサイザー、ピアノ、ギター)

c) 踊りのバージョン
初心者用(子どもから高齢者まで誰でも踊れるもの)
上級者用(踊りの専門家、愛好家)

【まとめ】
・誰でもが無条件に参加したくなる総踊りの曲をつくり
みんなに楽しんでもらえること
・総踊りを通して、まちを活性化させること

6. オンライン開催のまとめ

1) 良かったこと

①場所を選ばずに参加できる
自宅外出先でも参加できるので、用事を済ませてから
参加できるから

ベンチのイラスト

2) 苦労したこと

a) オンラインの操作方法がわからないと参加しづらい

①音声 → [音声] ボタン
・自分が話したいとき: ミュートを解除(マイク: ON)
・自分が話をしないとき: ミュートを設定(マイク: OFF)

②チャット機能 → [チャット] ボタン
・自分が送るとき: 文字を打ってメッセージを送る
・自分が読むとき: 人が打ったメッセージを読むとき

③画面を共有 → [画面を共有] ボタン
・資料をみんなに見せたいとき
(Word、Excel、PowerPoint、PDF、Webサイト、SNS)

④画面 → [ビデオ] ボタン
*イベントに参加されるときは、ビデオを開始(ON)にして下さい。
・背景: バーチャル背景を設定できます。
(画像は自分の好きな写真・イラストを設定できます)

⑤反応 → [反応] ボタン
*反応ボタンを使いこなせると、イベントが盛り上がります。
(拍手、グッド、ハート、感激、驚き、クラッカー)

b) さびしい気持ちになってしまう
・実際に人に会いないのでさびしい気持ちになりました。

【まとめ】
・オンラインの操作方法がわからないときは、参加者
同士で助け合いながら行うと一体感が生まれる
(口頭で説明、チャット機能で説明)
・今後もオンライン操作にチャレンジして、多くの人と
つながり世界を広げよう

7. 会場

1) オンライン(Zoonソフト)

a) 参加者スペース
参加者自宅外出先のパソコン・スマートフォンから参加

b) 司会者スペース
司会者:パソコンを使用しながら進行
(E-Agency [イー・エージェンシー] )

c) プレゼンター・運営者スペース
①プレゼンターの方々: パソコンを使用しながら発表
②運営者:オンラインの操作補助、イベントの運営
(まち部 [大人、高田商業高校]、市役所職員)

8. 主催者

1) 大和高田市(まち振興課・市民交流センター係)

大和高田市章

①紹介
・市民交流センターの管理・運営

*Webメディア: D
▼Webサイト: 大和高田市役所(まち振興課)

9. 運営者

1) E-Agency(イー・エージェンシー)

E-Agencyのロゴ

①紹介
・事業内容: Webマーケティング
・社会貢献活動: さぶみっと!ヨクスルのイベント運営

②活動拠点
・所在地: 東京都千代田区

③役割
・司会進行、企画、運営

*Webメディア: E-1
▼Webサイト: E-Agency(イー・エージェンシー)
□Facebook:e-Agency

2) まち部

①紹介
・奈良県大和高田市の魅力的な地域資源を掘り起こし、
その資源を活用した高田の元気を住民主導で発信する
プロジェクトチーム
(高校生と住民が一緒に活動するクラブ活動・大人チーム)
高田(takada)元気発信プロジェクト

②活動拠点
・所在地: 奈良県大和高田市
・事務局: 大和高田市市民交流センター・2階

③役割
・進行補助、企画、運営、会場管理、参加受付

10. まとめ

第5回 さぶみっと! ヨクスル in 大和高田では、オンラインで開催
されました。プレゼンターの方がすばらしい発表をされて、
みんながひとつになれる面白いアイデアを出されました。今回は、
参加者・運営者の方々がオンライン操作に苦労されていましたが、
みんなで協力し合えたので一体感が生まれました。今後は、
オンライン操作は生活の一部になるので良い機会になりました。
しかし、実際に集まれないのでさびしい気持ちになりました。
今後もイベントの活性化を願い、大和高田市の発展をお祈り
申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました