ビジコン奈良2020の様子 in 奈良県産業振興総合センター

今回は、奈良県産業振興総合センターで行われたビジコン奈良2020
ついて紹介します。コンテストの様子をまとめたのでご覧になって下さい。

1. 開催情報

1) ビジコン奈良2020

①紹介
・学べ実践、生み出せ実業!新起業家時代
~奈良から始まる その想い~

②開催回数
・2012年から開催され、今回は9回目

2) テーマ

①奈良創生
・奈良県の課題解決、または奈良県の地域資源等の活用により、
奈良県の創生が期待できるビジネスプランを競って頂く

☆奈良県の地域資源
・奈良の地域資源(特産物・農林水産物・工業製品・
生産技術・観光・文化・人的資源など)が生産や仕入れ、
営業や販売、雇用等に活かされていること

*Webメディア: A
▼Webサイト: ビジコン奈良
□Facebook: ビジコン奈良2020

3) 日時

・2020年2月8日(土)13:00~16:30
(年1回・2月)

2. 決勝大会までの道のり

学生部門一般部門に分かれて競われます
・二次審査を通過された場合に指定日時に、セミファイナル・
決勝大会の審査会場までお越しいただけること
・エントリーや事業計画などの相談は奈良県よろず支援拠点で行えます。

1) 一次審査

・書類審査
(通過された個人・チームは、事業計画書を提出すること)

2) 二次審査

・書類審査

3) セミファイナル

・プレゼンテーション審査
(通過された個人・チームは、ブラッシュアップセミナーに参加すること)
・会場: 奈良県産業振興総合センター 1階イベントホール

4) 決勝大会

・プレゼンテーション審査
・会場: 奈良県産業振興総合センター 1階イベントホール

4.決勝大会の様子と結果(学生部門)

・高校、大学、大学院、専門学校に在籍する25歳以下の学生の方

1) 知事賞

(A) 大和高田市立高田商業高等学校

Let’s 好きっ! 焼きっ! プロジェクト
まち部が主催するプロジェクト
知事賞(最優秀賞)を獲得されたことは、大和高田市まち部への快挙
(地元の誇り)

高田商業高校・まち部のすき焼きレトルト

①目的
・学校で行っているすき焼きパーティをご家庭で味わって頂きたいから
・地元(大和高田市)を盛り上げて、地域活性化させるため

②方法
・すき焼きをレトルトにして販売する
(地元の商店・市の施設の協力して頂く)
・すき焼きを使って、地元(大和高田市)でイベントを行い
地域の方々と楽しむ

【まとめ】
・すき焼きレトルトを大和高田市の名産品として、全国の
方々に味わって頂き、大和高田市も知って頂く

2) 南都銀行賞

(A) 奈良市立一条高等学校

ビニール袋の誤飲による鹿の死亡事故について

①目的
・奈良公園の鹿がビニール袋を食べてしまっているから
・環境にやさしい袋を動物や自然を守りたいから

②方法
・動物が食べても大丈夫な袋を制作して販売する
(袋は米ぬか、インクは大豆)
・地元(奈良市)の企業に袋制作や宣伝に協力して頂く

【まとめ】
・環境にやさしい袋を制作・販売して、さらに拡大できると
奈良の鹿や全世界の動物たちを守ることができる

3) 信用金庫賞

(A) 大和高田市立高田商業高等学校

24時間休み時間!?非日常を味わう奈良宿泊客増加
プロジェクト ~宿坊!感動!・廃校!最高!~

①目的
・宿坊や廃校を活用して奈良の魅力を感じてほしいから
・体験を通して、奈良らしい地域活性化させるため
(時間割を導入することによって、学校のような体験が味わえる)

②方法
・宿坊で体験してもらう
(精進料理、座禅、茶道、写経、散策)

【まとめ】
・宿坊体験を通して、奈良の魅力を感じてもらう。お寺の
生活を通して、奈良の良さを体験できる

4) 特別賞

(A) 武庫川女子大学

オーガニックコスメ古民家サロン

①目的
・オーガニックコスメとして販売して、奈良県で栽培した
原材料の活用を広めるため
・空き家を活用して、地域活性化するため

②方法
・空き家を利用して、古民家でサロンやカフェを開いて
サービスを利用してもらう
・奈良県で栽培した原材料を使って、オーガニックコスメを
開発・販売する

【まとめ】
・オーガニックコスメの開発・販売を通して、奈良の魅力を
感じてもらう。また、空き家を利用して地域活性化できる

4.決勝大会の様子と結果(一般部門)

・学生部門での年齢以外の方
①起業予定の方(奈良県で将来起業を検討している)
②起業して5年以内の方(奈良県で既に事業を営んでいる)
③業務転換や新規事業に進出する予定の方
(他府県で既に事業を営んでおり、奈良県への進出を検討している)

1) 知事賞

(A) miwamachinaka

素敵な令和 未来の奈良『そうめん流し』文化を
三輪(奈良)から世界に発信

①目的
・奈良に来て素麺を食べて、奈良を満喫してほしいから

②方法
・奈良に来て、流し素麺を食べて頂く

【まとめ】
・奈良で成功すれば世界で成功する

2) 南都銀行賞

(A) FSAビジネス推進部会

~手ぶらで体験~ 『Hands free』

①目的
・外国の方に来て頂き、日本の文化に触れてほしいから

②方法
・Webシステムを使って、工芸体験をして頂く

【まとめ】
・工芸体験を通して、奈良や日本の文化を感じてもらえる

(B) PORTEARTH

奈良の良さを海外へ! 独自の越境EC支援システムを
使った海外販路拡大サービス

①目的
・世界中の方々に日本の良さを広めて行きたいから

②方法
・Webシステムを通して、日本の伝統やポップカルチャーを
世界中の人に知ってもらい共有できるサービス

【まとめ】
・世界中の方々に日本の伝統やカルチャーを知って頂けると
人の生活や心が豊かになる

(C) カガクテラス

『科学脳』で拓く奈良県の未来

①目的
・子供: 科学を使って、将来仕事で活躍してもらう
(カガクを楽しいと思ってもらう)

・高齢者: 科学を使って、健康寿命を延ばしてもらう
(カガクに触れて、生きがいを持って頂く)

②方法
・空き家を活用
(出張カガク教室、サイエンスカフェ、科学者の座談会)

【まとめ】
・「カガク」は奈良の未来を「テラス」ことができる

3) 信用金庫賞

(A) 大和かぎろひ

奈良県産大和当帰で女性の健やかな未来を『かぎろひ』からお届けする

①目的
・自分が心身ともに病気になって苦しかったから
・専門的な勉強をして、大和当帰の効果を発見できたから

②方法
・大和当帰を使った化粧品など商品化して販売
・サロンで体験して頂く
・スクールを開講して学んで頂き、仕事について頂く

【まとめ】
・奈良に来れば、大和当帰での治療が受けられて
ワクワクしてもらえる
・奈良県の名産品として、使って頂きたい

5. 会場

1) 奈良県産業振興総合センター

・中小企業の経営・産業技術を支援する施設
(地域の経済の発展を応援)

①1階 イベントホール

*Webメディア: B
▼Webサイト: 奈良県産業振興総合センター 

(A) アクセス

〒630-8031
奈良県奈良市柏木町129-1
奈良県産業振興総合センター内

◇最寄り駅
・近鉄 橿原線 西ノ京駅 改札口 (徒歩: 約20分)
薬師寺の最寄り駅」

6. 主催者

1) 奈良県・ビジコン奈良2020運営事務局

奈良県成長志向起業家育成プロジェクトとして運営

7. まとめ

ビジコン奈良2020・決勝大会は、自分も応援と研究を兼ねて
観覧しました。学生部門では、一緒に活動している
高田商業高校・まち部がプレゼンしたすき焼きプロジェクトが、
知事賞(最優秀賞)を獲得されました。快挙を達成されたので
とても嬉しいし、刺激になりました。すき焼きプロジェクト
発展を祈願して、ビジコン奈良の発展をお祈り申し上げます。

タイトルとURLをコピーしました